資産を守る方法(浜矩子,永濱利廣,櫻井祐記,牧野潤一,池田雄之輔) 掲示板   

f0229730_11573697.jpg

週刊東洋経済 2011年9月17日号 (2011年9月12日発売)

PART1 マーケット編
動揺が広がる金融市場

[国債] 国債を保有する銀行は…? 金融危機を織り込む金利
エコノミストが易しく解説!15分でわかる世界経済危機
第一生命経済研究所・永濱利廣

[為替] 「危機に強い円」が本領発揮、年内はドル安・円高が続くか
エコノミスト&ストラテジスト6人は為替相場をこう見る
SMBC日興証券・牧野潤一
野村証券・池田雄之輔

浜矩子/同志社大大学院教授 インタビュー
「現実味帯びる1ドル=50 円、基軸通貨ドルの終焉は間近だ」

櫻井祐記/富国生命投資顧問社長 インタビュー
「外貨建て資産の組み入れは短期的には慎重に見ている」

[金] ドルへの信認揺らぎ急上昇、欧米経済波乱で2000ドル台へ
[日本株] 世界景気の減速懸念強まり、年内の1万円回復に黄信号
株式市場のプロ5人が読む!!年末までの株価見通し



PART2 資産防衛編
目減りを防ぐ運用の極意

[外貨建て商品] 外貨での運用成績向上には「出口戦略」の見直しが大事
押さえておきたい6つのポイント間違いだらけの投信運用
[債権] 自分のスタイルに合った債券を選ぶポイントとは
外貨投資、グローバル・ソブリン・オープン

[新興国ファンド] ブラジル投資は転換点? 通貨選択型投信のリスク
通貨選択型投信、グロソブ、野村アセットマネジメント

[金] 知っておきたい、金の上手な売り方・買い方・選び方

[日本株] 効力発揮する「安全性」指標の“ネットネットバリュー”とは?
大和証券キャピタル・マーケッツ・吉野貴晶










072.gifビジネス最先端
http://business1st.dtiblog.com/










063.gif誰が「地球経済」を殺すのか 真相を読み解く七つ道具 (詳細クリック!)
著者:浜矩子

グローバル化という言葉が使われ始めてから今日までの20年間を通じて、アジア通貨危機、サブプライム・ショック、リーマン・ショック、そしてまさしく今、地球経済を揺るがしている国々の財政破綻ショックなど、人々の経済活動は多くの混乱に直面してきました。そして、これからも、地球経済を巡っては様々な謎が発生し、様々な犯人探しに挑まなければいけない場面が発生することになるはずです。
どこでいかなる事件が起ころうと、次にどんな「地球経済殺し」的状況が発生しようと、真相を的確に見極める。その謎解きのための七つ道具が、「ドラマ」「人」「数字」「座標軸」「反対」「歴史」「言葉」です。この七つ道具を使えば、日本と私たちのこれからが、ミステリーを謎解くようにくっきりと見えてきます。

<目次>
第1章 初めに「ドラマ」ありき〜経済は人間のリアルな営みそのもの
 しょせんは二日酔い男の物語
 シェークスピア劇にみる「貿易と金融入門」

第2章 初めに「ドラマ」ありき〜経済は人間のリアルな営みそのもの
 “達人”は嘘をつかずに本当のことをいわない
 ノワイエ発言後の信用不安と財政危機
 「ファンダメンタルズは健全」は崩壊の予兆

第3章 「数字」をして語らしむる〜数字が語りかける言葉を読み取れ
 数字の中に浮かび上がる様々な人間ドラマ
 変装道具としてのGDPとGNP
 物価と失業率のシンプルな関係/ リアルな関係
 エコノミストの予測では前提条件を要チェック

第4章 「座標軸」を考える〜問題点の在りかを整理する
 縦軸と横軸を設けて状況を整理する
 「グローバル・ジャングル」を座標軸で謎解く
アメリカ/ イギリス/ 日本/ 中国/ ドイツ/ フランス

第5章 これまでと「反対」を考える〜推理が行き詰まったときの突破法
【例題1】日本の「これから」を考える
 思考ステップ1:日本の「これまで」〜それは集権的管理の世界
 思考ステップ2:日本の「これから」への第一次接近〜答えは競争的分権?
 思考ステップ3:日本の「これから」への第二次接近〜答えは協調的分権!
【例題2】通貨の未来を考える
 思考ステップ1:まずは歴史認識から
 思考ステップ2:そして次に来るものは?〜集約から分散へ

第6章 「歴史」を振り返る〜遠い未来を見通すためには遠い過去を振り返る
 過去との違いからみたリーマン・ショック
 出発点からみたリーマン・ショック
 歴史が教えてくれる「次に起こること」

第7章 終わりに「言葉」ありき〜独り歩きする用語に注意
 言葉は初めであり、終わりでもある
 言葉の魔力に注意せよ
期待インフレ率/ ファンダメンタルズ/ プライマリーバランス/ ハードカレンシー/ インフレ・ターゲット/ 資本主義

<著者略歴>
浜矩子(はま・のりこ)
同志社大学大学院ビジネス研究科教授。
1952年生まれ。一橋大学経済学部卒業。1975年三菱総合研究所入社以後、ロンドン駐在員事務所長兼駐在エコノミスト、経済調査部長などを経て、2002年より現職に。専攻はマクロ経済分析、国際経済。多くのメディアにも登場し、その広範な視野、分析力、明快な語り口のファンも多い。
主な著書に、『グローバル恐慌』(岩波新書)、『死に至る地球経済』(岩波ブックレット)、『ドル終焉』(ビジネス社)、『1ドル50円時代を生き抜く日本経済』(朝日新聞出版)、『浜矩子の「新しい経済学」』(角川SSC新書)、『「通貨」を知れば、世界が読める』(PHPビジネス新書)などがある。













f0229730_8483642.jpg

072.gif素敵な情報 画像 掲示板 BBS 全国各地のイベント
http://eventinfo.dtiblog.com/blog-category-3.html

072.gif注目の話題
http://googletopic.dtiblog.com/



資産を守る方法(浜矩子,永濱利廣,櫻井祐記,牧野潤一,池田雄之輔) 掲示板
[PR]

by magainfo | 2011-09-12 12:12 | 政治 経済

<< 商社の正体(三菱商事,三井物産... 奥仲麻琴 >>