「ほっ」と。キャンペーン

バレンタインデー   

バレンタインデーに関するアンケート
f0229730_04024510.jpg

20代~40代の未婚女性の約半数が「バレンタインデー」チョコ贈る予定
http://www.dohouse.co.jp/news/research/20150127/

2015年のバレンタインデーにチョコレートを贈る予定のある人は1,250人中654人の52.3%と半数強で、贈る相手は、1位「本命(49.2%)」、2位「家族(40.7%)」、3位「職場の同僚・上司(39.1%)」という結果となりました。(図1)

また、日本のバレンタインデーは『女性が本命に愛を伝える日』と言われますが、今年のバレンタインデーはどんな日になりそうか聞いたところ、1位「何もない日(45.5%)」、2位「感謝の気持ちを伝える日(17.9%)」、3位「面倒な日(9.8%)」という結果になり、「意中(本命)の人に愛を伝える日」と回答した人は5.0%にとどまりました。

購入場所については、贈る相手を問わず、「デパート」が半数以上を占めました。(図2) 世界各国、国内の専門店が集まるので選択肢が豊富なことや、目で楽しめることもあって「デパート」が人気なのかもしれません。また、デパートによってチョコレートブランド店のラインナップはさまざまなので、デパートを何軒かはしごするということもあり得そうです。

2位、3位は贈る相手によりますが、「専門店」か「スーパー」のどちらかという結果となりました。

「専門店」で購入すると回答した割合が一番多かったのは、「自分」へのチョコ(26.1%)でした。この時期のチョコはかわいいものも多いので、自分へのご褒美に購入する人もいそうですね。また、「スーパー」が購入場所の2位となったのは、「家族(26.7%)」「職場の同僚・上司(21.1%)」「取引先の人(38.9%)」でした。より身近で値段も手ごろなスーパーで購入する予定の人が多いようです。

過去のバレンタインデーにおいて意中の人に「告白したことがある」人は全体で21.0%でした。
年代別にみると、20代「16.4%」、30代「18.2%」、40代は「26.2%」と、年代が上がるほど割合が高くなり、40代に関しては4人に1人が告白の経験があることがわかりました。

また、今年のバレンタインデーに「告白する予定」の人は全体で3.7%。年代別に見てみると、20代「7.2%」、30代「3.2%」、40代「2.4%」と年代が上がるほど割合が低い結果となりました。年代が高い人に告白経験率が高く、年代が低い人に今年の告白率が高いのは、時代的なものなのか、人生経験の長さによるものなのか、いくつかの要因が考えられそうです。

最後に、バレンタインデーのエピソードをご紹介します。

【嬉しかったエピソード】
手作りのものを喜んでもらえた
彼氏から花束をバレンタインでもらった時は驚いたけれど嬉しかった
特別なエピソードではないけれど「美味しい」「ありがとう」の言葉
アメリカで男性から、花束や食事をご馳走してもらえた
職場でそれほど親しくない人から友チョコを頂き、そこから仲良くなれた
父がチョコレートをたくさんもらってきてくれた

【悲しかったエピソード】
その場でチョコレートを投げ捨てられた
好きな人の家にチョコレートを渡しに行ったら、本人が不在で家族に預ける羽目になった
チョコレートを受け取ってもらえなかった
買ったものだったが、相手からお腹を壊したと言われた
明らかに既製品なのに、友人が手作りだと言った
大雪で当時好きだった人とのデートが中止になり、チョコレートを贈れなかった






[PR]

by magainfo | 2015-02-09 04:06 | イベント

<< ハシロス ピエリ守山アクセス:琵琶湖大橋... >>