<   2012年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

イアン・ブレマー Gゼロの意味   

f0229730_11334557.jpg

056.gifイアン・ブレマー(Ian Bremmer) Gゼロ
http://kateikyo.dtiblog.com/blog-entry-195.html


(*)イアン・ブレマー(Ian Bremmer)プロフィール
生年月日 :1969年11月12日
出身地 :アメリカ(United States)
1994年 スタンフォード大学で修士号および博士号取得
(M.A., Ph.D., Stanford University)
1998年 ユーラシアグループを設立
政治学者(Political scientist)

---------------
正しい表記:イアン・ブレマー
間違い表記:イアン・ブレアー
---------------


(*) Ian Bremmer
http://www.ianbremmer.com
イアン・ブレマー公式サイト

(*) Ian Bremmer Facebook
http://www.facebook.com/ian.bremmer
イアン・ブレマー フェイスブック

(*) Ian Bremmer Twitter
https://twitter.com/ianbremmer
イアン・ブレマー ツイッター

(*) ユーラシアグループ(Eurasia Group)
http://www.eurasiagroup.net
コンサルティング会社




(*) イアン・ブレマー 動画
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/nms/feature/post_28325
(テレビ東京「ニュースモーニングサテライト」 2012年10月10日)
2011年にリーダーシップ不在の世界「Gゼロ」を提唱して注目されたユーラシア・グループ代表 イアン・ブレマー氏。「Gゼロ後の世界」の勝者となる「ピボット国家」とは何か、日本が「ピボット国家」になる条件などを ユーラシア・グループ代表 イアン・ブレマー氏と東短リサーチ 加藤出氏が解説。


ピボット国家(Pivot state)とは、複数国と政治・経済的な協調関係を持ち、その時々によってつき合う相手を代えることによって、リスク分散できる国家のこと。
例:カナダ、ブラジル、トルコなど









Gゼロの意味
f0229730_11352613.jpg

072.gifイアン・ブレマー 「Gゼロ」後の世界

G7は重要性を失い、G20は機能していない。アメリカ主導の体制が終わった今、次に訪れるのは米中のG2体制か、第二の冷戦の勃発か。そのとき日本は? 気鋭の政治学者が、ポストGゼロ時代のシナリオを予測する。

<内容、目次>
第1章 Gゼロとは何か?
第2章 Gゼロへの道
第3章 Gゼロ・インパクト
第4章 勝者と敗者
第5章 来るべき世界
第6章 Gゼロ・アメリカ




Gゼロ(G-Zero)とは、国際社会において、リーダー不在の状況を指す言葉です。
政治学者であり、米コンサルティング会社「ユーラシア・グループ」の社長であるイアン・ブレマー(Ian Bremmer)氏が作り出した言葉。
国際社会において、中国やインドなどの新興国が台頭し、G7だけでは物事を決められなくなり、1999年よりG20による会議が開催されるようになりましたが、G7各国が経済の停滞で、アメリカもかつての影響力を低下させ、リーダーシップを発揮できにくく、また、会議の参加国が増えれば、各国の国益や思惑が絡むので、諸問題について進展しにくくなっています。
このようなリーダー不在の状況がGゼロです。


(*) G7(先進7か国;Group of Seven)
アメリカ合衆国、日本、フランス、イギリス、ドイツ、イタリア、カナダ

(*) G8(主要8か国;GGroup of Eight)
G7+ロシア

(*) G20(主要20か国・地域;Group of Twenty)
アメリカ合衆国、欧州連合(EU)、日本、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、カナダ、アルゼンチン、インド、インドネシア、オーストラリア、サウジアラビア、トルコ、ブラジル、メキシコ、ロシア、韓国、中国、南アフリカ

f0229730_11354076.jpg

イアン・ブレマー 掲示板 Gゼロとは
[PR]

by magainfo | 2012-10-20 11:39 | 政治 経済

iPS細胞を作成した京都大学の山中伸弥(やまなかしんや)教授とノーベル賞(ノーベル生理学・医学賞)   

f0229730_20512912.jpg

056.gif山中伸弥 掲示板(iPS細胞,論文,著書,略歴,ノーベル賞)
http://bit.ly/QDpPk0


(#)山中伸弥(やまなかしんや)プロフィール
生年月日 :1962年9月4日
出身地 :大阪府
略歴:大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎卒業
   神戸大学医学部卒業
   国立大阪病院臨床研修医
   大阪市立大学大学院医学研究科博士課程修了
   グラッドストーン研究所(Gladstone Institute)ポストドクトラルフェロー
   奈良先端科学技術大学院大学遺伝子教育研究センター教授
   京都大学再生医科学研究所教授
   京都大学物質-細胞統合システム拠点iPS細胞研究センター長
   京都大学iPS細胞研究所長

<主な受賞歴>
2007年 朝日賞
2008年 ロベルト・コッホ賞
2009年 ガードナー国際賞
2009年 アルバート・ラスカー基礎医学研究賞(ラスカー賞)
2011年 ウルフ賞医学部門


<参考サイト>

(#)「iPS細胞ってなんだろう?」
http://kids.gakken.co.jp/kagaku/keywords/080229.html

(#)「iPS細胞、実用化されると何が変わるの? 」
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO44811250Q2A810C1TY1P01/

(#)「iPS細胞等研究ネットワーク」(文部科学省)
http://www.ips-network.mext.go.jp

(#)「山中伸弥研究室」(京都大学 iPS細胞研究所
http://www.cira.kyoto-u.ac.jp/yamanaka_group/

(#)2007年11月21日にアメリカの科学誌セル(Cell) に掲載された山中伸弥論文
(pdfファイル)
http://download.cell.com/pdf/PIIS0092867407014717.pdf
iPS細胞を生成する技術を開発し、世界の注目を集めた記念すべき論文です。

f0229730_20551059.jpg


(#)山中伸弥教授の著書
http://amzn.to/P1HBuE

・「大発見」の思考法 山中伸弥、 益川敏英
・生命の未来を変えた男 山中伸弥・iPS細胞革命 NHKスペシャル取材班
山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた 山中伸弥、 緑 慎也
・iPS細胞ができた! ひろがる人類の夢 畑中 正一、 山中伸弥
・iPS細胞の産業的応用技術 山中伸弥
・再生医療生物学 (現代生物科学入門 第7巻) 阿形 清和、山中伸弥、岡野 栄之、 大和 雅之
・幹細胞 (再生医療叢書) 日本再生医療学会、山中伸弥、 中内啓光
・再生医療へ進む最先端の幹細胞研究 (実験医学増刊 Vol. 26-5) 山中伸弥、 中内 啓光










(#)ノーベル賞
http://nobelprize.org/
ノーベル賞の授賞式は、ノーベルの命日である12月10日に、ストックホルム(スウェーデン)で開催。(「平和賞」はオスロ(ノルウェー)の市庁舎で開催。)


(#)ノーベル生理学・医学賞( ノーベル医学生理学賞)
http://nobelprize.org/nobel_prizes/medicine/
ノーベル生理学・医学賞は、(動物)生理学及び医学の分野で最も重要な発見を行なった」人に与えられる。選考はカロリンスカ研究所のノーベル賞委員会が行う。


f0229730_20545047.jpg


(#)ノーベル賞 書籍
http://amzn.to/QDzWW9

ノーベル賞はこうして決まる: 選考者が語る自然科学三賞の真実
・日本にノーベル賞が来る理由
ノーベル賞110年の全記録 日本の受賞科学者全15人を完全紹介
・21世紀の知を読みとく ノーベル賞の科学 生理学医学賞編
・知っていそうで知らないノーベル賞の話
・4つのノーベル賞 発想の源泉・努力の軌跡
・現代科学の大発明・大発見50 なぜその発明・発見はノーベル賞につながったのか?
ノーベル賞がわかる事典










山中伸弥 掲示板(iPS細胞,論文,著書,略歴,ノーベル賞) iPS細胞を作成した京都大学の山中伸弥教授とノーベル賞(ノーベル生理学・医学賞)
[PR]

by magainfo | 2012-10-06 20:59 | 学術

オスプレイ   

f0229730_1354415.jpg

059.gifオスプレイ
http://googletopic.dtiblog.com/blog-entry-485.html


(*)V-22 (航空機) - Wikipedia
V-22はアメリカ合衆国のベル・ヘリコプター社とボーイング・バートル(現ボーイング・ロータークラフト・システムズ)社が共同で開発した軍用機であり、回転翼の角度が変更できるティルトローター方式の垂直離着陸機である。
本機の愛称であるオスプレイ(Osprey、オスプリー、オスプレィ)は猛禽類のタカの一種である「ミサゴ」のことである。
従来の輸送機に比べ、高速かつ航続距離にアドバンテージがある。

・オスプレイの全長: 17.47 m(ピトー管含まず)
・オスプレイの全幅: 25.54 m(ローター含む)
・オスプレイのローター直径: 11.58 m
・オスプレイの最高速度: 300kt(約555km/h)


(*)V-22 Osprey
http://www.boeing.com/rotorcraft/military/v22/


(*)オスプレイ 画像
http://bit.ly/V978Jx


(*)「日米安全保障体制」(防衛省・自衛隊)
http://www.mod.go.jp/j/approach/anpo/index.html


(*)「在日米軍関連」(外務省)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/usa/sfa/index.html


(*)「オスプレイ配備は日本に必要なのか」(Yahoo!みんなの政治)
http://seiji.yahoo.co.jp/close_up/1134/










069.gif注目の記事や最新のニュース













オスプレイの性能(長さ,速度,画像,動画) オスプレイ 掲示板 オスプレイのプラモデルとラジコンヘリコプター
[PR]

by magainfo | 2012-10-02 13:08 | 急上昇ワード