タグ:官房機密費 ( 3 ) タグの人気記事   

官房機密費 極秘文書 小向美奈子 小島聖   

f0229730_032141.jpg

週刊ポスト  2010年7月2日号
2010年6月21日発売

<新聞・テレビでは絶対わからない「空きカン内閣」の真実>
「権力の宿命」小沢一郎と田中角栄
職を追われ、疑惑を指弾されながら「数の力」で隠然たる力を誇示する――
「政治的父子」の2人が辿る轍は運命的に酷似していく

政権党の幹事長という権力の絶頂から「一兵卒」に失脚した小沢一郎氏の姿は、政治の師と仰いだ田中角栄・元首相の転落軌跡と重なって見える。菅直人・首相は「静かにしていただきたい」と語って脱小沢路線を進め、政権交代の原動力だった小沢氏のマニフェストを霞が関と手を組んで作り変え始めた。
小沢氏は“終わった”のか。それとも田中氏に倣って「闇将軍」となるのか。あるいは――。

 

<大反響!怒りの告発キャンペーン第5弾>
それでも新聞・テレビは完全無視
官房機密費「極秘文書」で15億円配布のカラクリを解明する
田原総一朗氏「最初は角栄氏から渡された」ほか新証言・証拠文書がまだまだ止まらない

機密費の使い途をオープンにする制度作りを表明しておきながら、一切前進することなく鳩山政権は退陣した。菅新政権は早速、機密費について頬被りを決め込んでいるが、そうはさせない。極秘内部資料をもとに、さらに機密費の暗部を抉る――。



小向美奈子
小島聖 スローな柔肌














(*)素敵な情報 画像 掲示板 BBS 全国各地のイベント
http://eventinfo.dtiblog.com/blog-category-3.html
[PR]

by magainfo | 2010-06-22 00:06 | 週刊誌

官房機密費 グーグル 辻野晃一郎   

f0229730_7421186.jpg

週刊ポスト  2010年6月11日号
2010年5月31日発売

<怒りの告発キャンペーン第3弾>
大新聞は1行も報道せず(東京新聞を除く)テレビは特集番組をあわてて中止!それでも本誌はあくまで追及する!
官房機密費マスコミ汚染問題
歴代官邸秘書官を連続直撃!
「記者一人ずつ個室に呼んで30万円を手渡した」「総理外遊の同行記者にチャーター機内で“土産代”を」次々に驚き呆れる証言が、出るわ出るわ!

なんとも異様な事態が起きている。新聞は、東京新聞(5月18日付で特集)を除き、どこも大々的に取り扱うことはしない。いつもなら雑誌のスクープに便乗するテレビもまったく後追いしない。なのに、編集部の電話は鳴り止まず、インターネットにも書き込みが溢れている。上杉隆氏によるメディアと官房機密費に関する追及キャンペーンである。早く打ち止めになって欲しいと願う記者クラブメディアには残念だが、元首相秘書官らが次々に口を開き始めた流れは、もう止まらない。

 

<ビジネス・コンフィデンシャル>
辻野晃一郎(グーグル・ジャパン元社長)に独占直撃180分
「さらば、Google」
そこはまるで「80年代のソニー」だった。スピードがあった。アイデアと人材で溢れていた。「ネットの黒船」に乗り込んだ3年間を初めて語る。

辻野晃一郎氏は今年4月末までグーグル・ジャパンの社長を務めた。以前はソニーで22年間、第一線を駆け抜けてきたビジネスマンである。日本を代表するグローバル企業ソニーから世界を席巻するネットの巨人グーグルへ――。その歩みの過程で辻野氏が考えたこと、経験したことには日本再生のヒントが隠されているのではないか。奇しくも、グーグルとソニーはテレビや携帯端末の開発で提携することを発表した。本誌の直撃インタビューに応え、辻野氏がグーグル退社後、初めて口を開いた。





f0229730_8483642.jpg

emoticon-0171-star.gif素敵な情報 画像 掲示板 BBS 全国各地のイベント
http://eventinfo.dtiblog.com/blog-category-3.html

emoticon-0171-star.gif注目の話題
http://googletopic.dtiblog.com/

emoticon-0171-star.gifビジネス最先端
http://business1st.dtiblog.com/

官房機密費 グーグル 辻野晃一郎
[PR]

by magainfo | 2010-06-01 07:44 | 週刊誌

野中広務 官房機密費 実名リスト   

f0229730_7331181.jpg

週刊ポスト  2010年5月28日号
2010年5月17日発売

<怒りの告発スクープ>
なぜ大新聞、テレビは黙殺するのか
野中広務氏が暴露した「官房機密費」
配布実名リスト公開
「マスコミ操作」による「世論誘導」工作に巨費投入!

いつから大新聞・テレビは“世論調査屋”になったのだろう。全国紙の一面やニュースのトップを“今週の世論調査”が飾るなど、少なくとも先進国では異常な報道である。各紙・各局が徒党を組んで「政局」を動かそうと躍起になる一方で、肝心の「政治の闇」に斬り込む取材は皆無だ。なぜ「社会の木鐸」は沈黙するのか。そこには長い歳月をかけて築き上げられた、政治と巨大メディアの「癒着の構造」がある――。

 

<秘話発掘>
30歳差「熟年電撃婚」の大慶事の裏で
山本文郎アナが涙した「親密女性の自殺」
「彼女の死は何か月も経って知った。連絡してくれれば……」

新聞の片隅に小さく載った、一つの死亡記事。09年7月11日、60歳の女性が小田急線千歳船橋駅のホームから線路に飛び込み、帰らぬ人となったことを伝えるものだった。彼女が生前抱えていた苦悩をたどると、ある男性との、思うに任せぬ数奇な運命が浮かび上がってくる――。



辺見えみり ホテルのバスタブで限界セクシー
甲斐まり恵 いよいよ夏!最新ビキニ公開





f0229730_8483642.jpg

emoticon-0171-star.gif素敵な情報 画像 掲示板 BBS 全国各地のイベント
http://eventinfo.dtiblog.com/blog-category-3.html

emoticon-0171-star.gif注目の話題
http://googletopic.dtiblog.com/

emoticon-0171-star.gifビジネス最先端
http://business1st.dtiblog.com/
[PR]

by magainfo | 2010-05-18 07:35 | 週刊誌