美しい日本の言葉   

f0229730_075444.jpg

一個人 2011年7月号  (2011年5月26日発売)


「万葉集」の魂の歌
日本最古の和歌集であり、天皇・貴族から、下級官人や防人まで、さまざまな身分の人間が詠んだ歌を4500首以上も集めた万葉集には、生きる歓び、人生の哀しみ、恋、別れなど、人生で出会う様々な感情が、ありのままに歌われている。万葉の世も今の世も、人の心は変わらない。古人たちの喜怒哀楽が、いまを生きる私たちの心に深く響く。


「万葉集」の魂の歌
日本最古の和歌集であり、天皇・貴族から、下級官人や防人まで、さまざまな身分の人間が詠んだ歌を4500首以上も集めた万葉集には、生きる歓び、人生の哀しみ、恋、別れなど、人生で出会う様々な感情が、ありのままに歌われている。万葉の世も今の世も、人の心は変わらない。古人たちの喜怒哀楽が、いまを生きる私たちの心に深く響く。


心にしみる詩人の言葉 金子みすゞ
大正末期、彗星のように童謡の世界にあらわれ、作品集を残すことなく去っていった金子みすゞ。50年の時を経て奇跡の甦りを遂げた、みすゞの詩の風土と珠玉の童謡詩の世界を案内する。


岡本太郎 強く生きる言葉
パリ帰りの前衛芸術家として日本の美術界に闘いを挑み、一方で奇怪な「爆発おじさん」としても知られた岡本太郎。生誕100年を迎えた今年、その足跡が再評価されている。変人と誤解された男が遺した言葉には、魂をわしづかみにする強烈なメッセージが込められていた。


偉人の夢を実現する言葉
日本の戦後復興の2大シンボルともいえる、本田宗一郎と松下幸之助。世界のHONDA、松下電器産業(現・パナソニック)を築くまでには、度重なる不況や失敗にもくじけない、道を切り開いていく精神と、常に挑戦する言葉があった!


心に留めたい日本のことわざ・慣用句
偉人が残した言葉ではなく、誰が言い出したか不明ながら、私たちの暮らしに浸透した美しい言葉がある。国語学者、金田一秀穂さんが日本に暮らす人々の心にストレートに訴えかけることわざや慣用句を厳選。


一流ミュージシャンたちの歌詞の力
衝撃のデビュー以後、日本ポップス界で不動の地位を保ち続けるミュージシャン、桑田佳祐。多岐にわたるモチーフから自在に紡ぎだされる、歌詞世界の精神性に迫る。ほか、Mr.Children、ゆず、さだまさしの歌詞に迫る。











068.gifビジネスに役立つ辞書、辞典











f0229730_8483642.jpg

072.gif素敵な情報 画像 掲示板 BBS 全国各地のイベント
http://eventinfo.dtiblog.com/blog-category-3.html

072.gif注目の話題
http://googletopic.dtiblog.com/

072.gifビジネス最先端
http://business1st.dtiblog.com/
[PR]

by magainfo | 2011-06-04 00:11 | 芸術

<< ピーター・ドラッカーの研究 名... 渡辺麻友 >>