<   2018年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧   

丸岡いずみさんが婦人公論で代理母出産のインタビュー記事   

f0229730_09331818.jpg
162.png丸岡いずみさんが婦人公論で不妊治療と代理母出産の体験談を告白173.png

 元日本テレビキャスターでフリーアナウンサーの丸岡いずみさん(46)に、代理母出産(代理出産、代理懐胎)によって第一子となる長男が誕生していたことが23日、分かった。同日発売の女性誌「婦人公論」で丸岡さんが報告した。

 同誌によると、丸岡いずみさんは41歳で映画コメンテーターの有村昆さん(41)と結婚。すぐに自然妊娠したが、妊娠10週で流産。その後、体外受精による不妊治療を経て2度目の妊娠に至ったが、10週ほどで流産した。

 代理母出産を決意し、平成28年冬にロシア在住の代理母と契約を結び、今年1月3日に3400グラムの長男が誕生したという。

 丸岡いずみさんは婦人公論で「子どもが成長する過程でどんな状況が待っていようと、そのときそのときで、しっかりと向き合っていこうと思います」と話している。

 丸岡いずみさんは平成13年に日本テレビ報道局に中途入社し、「情報ライブ ミヤネ屋」のニュースコーナーを担当。40歳を超えても30代にしか見えない容姿などから「美魔女」「奇跡の43歳」などといわれていた。

178.png癒しの動画 おすすめチャンネル



不妊治療と代理母出産(代理出産、代理懐胎)

[PR]

by magainfo | 2018-01-23 09:37 | 生活